読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

血圧を薬なしで下げる!

血圧を薬なしで下げることに挑戦するブログです。健康全般の話題も…

水の飲み方について考える

水の飲み方について、考えることがないだろうか。

私は「どういう水の飲み方をすれば、身体にいいのだろうか…」と考えることがある。水というのは、毎日飲むものなので、よくない飲み方をしていると、健康にも悪影響が出ると思うのだ。

今回は、水の飲み方について考えてみたい。

スポンサーリンク
 

 

 目次

 1日に飲む水の量は

水を飲む

まず、1日にどれぐらいの水を飲めばいいのだろうか。

これについては、以前計算したことがある。1日にカラダから出る水分量は、2~2.5リットルになる。食物から摂取する水分は、1リットル程度で代謝水が300ミリリットルなので、何も飲まなくても1.3リットルは確保できる。したがって、「2~2.5リットル-1.3リットル」が実際に飲む水の量になる。つまり、「0.7~1.2リットル」ということだ。

ここでは安全をみて、「1.2リットル」としておく。

ただし、デトックスのためには、1.5~2リットル飲めばいい…とする医師もいる。一方で、毎日2リットルの水を飲んでいたお年寄りが、体調を崩して大きな問題になったことがある。飲み過ぎは、「腎臓に負担がかかる」ということがあるので、その点には注意が必要だ。

個人的には、1.2~1.5リットル程度でいいと思う。

 良い水を飲む

やはり、良い水を飲むといいだろう。

私が前回の記事で良い水としたのは、1)塩素を含まない水、2)酸化していない水、3)硬水、4)弱アルカリ性の水、だ。硬水に関しては、軟水が日本食に合うという話もあるので、あえて硬水ばかり飲む必要はないと思う。軟水をベースにして、硬水も取り入れるというイメージだ。あまり極端にすると、逆に弊害が出る…ということがあるので、そこそこでいいだろう。

 朝一番の水道水は飲まない

良い水を飲めばいいのだが、水道水を飲む…ということもあるだろう。

だが、朝一番の水道水は飲まない方がいい。就寝中は水を使わないため、水が給水管の中に動かず留まる…という状態になる。そうすると、塩素が抜けて消毒効果が落ちる。また、給水管に鉛が使われている場合は、微量だが鉛の成分が溶け出す…ということがある。したがって、朝一番の水については、バケツ1杯程度の水(10L)を飲み水以外の用途に使った方がいいのだ。

※塩素が抜けるのは悪くないが、水道水の場合はそのデメリットもある。

 水を飲むメリット

水を飲むと血行が良くなる…ということがある。

脱水状態では、血液の濃度が高くなるので、血行が悪くなってしまうのだ。また、血行が良くなれば、毒素の排出がスムーズになる、ということがある。ミネラルが豊富な水を飲めば、加齢とともに不足しがちになるミネラルを補給することができる。さらに、血液中の中性脂肪を減らす…という効果もあるようだ。血行が良くなれば、血圧にも良い効果があるだろう。

 喉が渇く前に飲む

水は喉が渇く前に飲む…というのが基本だ。

その理由だが、喉が渇いてから飲んでも、水分を必要としている部位に届くまで時間がかかってしまうためだ。その間、熱中症や脱水症状があれば進んでしまうのだ。身体には「水を蓄えておく」という機能がないため、そうなってしまうのだ。なので、マメな給水が必要になる。

 水を飲むタイミングは

では、水を飲むタイミングはどうすればいいのだろうか。

以前の記事では、「6~8回に分けて飲むのがいい」とした。具体的には、1)起床時、2)朝食時、3)朝食~昼食の間、4)昼食時、5)間食時、6)夕食時、7)入浴前後、8)就寝前、ということだ。コップ1杯160mlで計算すると、1.28Lの水をとることができる。

・ある医師のケース

ある医師のケースだが、起床後運動してから700~750mlの水をゆっくり飲む。11時を過ぎると、500mlの水を飲む、午後4時半ごろに500mlの水を飲む、夕食後にお茶を飲むそうだ。上のケースとは違い、回数を少なく一度に飲む水の量が多い…ということになる。

どちらがいいのかはよくわからないが、個人的には前者を採用している。直感的には、小分けにしてマメに飲んだ方がいいような気がする(その方が身体に負担がかからないと思う)。

 体温より低い温度の水を飲む

体温よりやや低い温度の水を飲むといいそうだ。

冷たい水は身体によくないと思うので、20度程度の水…ということになる。そうすることで、身体が(その水温を体温まで引き上げるために)エネルギーを使う…ということになる。もしかすると、このことがダイエットにつながるのかもしれない。もちろん、保証はしませんが(笑)。

スポンサーリンク
 

 

 まとめ

今回は、水の飲み方について考えてみた。

直感的にだが、朝一番に飲む水がかなり重要ではないか…という気がする。

お米を洗うときに、一番最初に入れる水が大事…ということを聞く。お米がその水を一番よく吸収するので、そうなるのだ。この話と同様に、人も朝一番に飲む水が大事だと思う(渇きがあるのでよく吸収する?これは直感であり、医学的な根拠はない)。なので、直感にしたがい、朝一番に飲む水をいい水(市販のミネラルウォーター)にしてみようかな…と思っている。

※よい水は鮮度が大事なので、チビチビ使わず早く飲んだ方がいい。

今回の記事:「水の飲み方について考える」