読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

血圧を薬なしで下げる!

血圧を薬なしで下げることに挑戦するブログです。健康全般の話題も…

闘病記を読んで考えさせられたこと#3

引き続き、「カーテンコール」の内容から、気になった点について書いてみたい。

前回は、セカンドオピニオン、について書いた。今回は、その続きを書いてみたい。今回で、川島なお美さんと鎧塚俊彦さんが書いた「カーテンコール」の書評は、終了となります。

スポンサーリンク
?

 

 目次

 名医の条件

川島さんは、「名医」か「迷医」を判断する術を身につけた、と述べている。川島さんが表現するところの「ドクターとのお見合い」 を通じて、身につけた、ということだ。

川島さんは、以下に当てはまる医師は「名医ではない」と判断している。

・患者の目を見ない医師

まずは、患者の目をみない医師だ。

いませんか?あなたの傍らにも。パソコンやカルテばっかり見て、まったくこちらの顔色や心を見ようとしない医師。そりゃあ、画像は真剣に見てもらわないといけないもの。とはいえ、たいていのドクターたちは、診療時間の大半をパソコンとにらめっこ。
出典:カーテンコール, p.134

たしかに、こちらに向き合っているな、と感じる医師と、そうでない医師がいる。

そうでない医師の場合は、人ではなく「オブジェクト」として扱われているな…という感覚に陥る。医師としての技量は別かもしれないが、患者を「オブジェクト」として扱う医師にはかかりたくない…というのが普通の感覚だろう。

「医師としての技量は別かもしれないが」と書いたが、そうでもないかもしれない。

患者に不信感を抱かせるような医師の場合は、患者から必要な情報を得ることができないからだ。また、そのようなタイプの医師の場合は、受け持つ患者が(不信感を抱き)医師の指示に従わない可能性も十分にある。その結果、その医師の成績は下がると思うのだ。

※治療成績の悪い医師のことを「技量が高い」とは言わないだろう。

医師が患者の目を見ない理由は、前回の記事に書いたとおりだ。

この行動には、1)患者とのコミュニケーションが好きではない、2)その程度のコミュニケーションでいいと思っている、3)コミュニケーション能力が低い、4)患者にプレッシャーを与えないようにするため、あえてそうしている、などの理由が考えられるが、4)以外であれば問題だ。

 

また、4)の理由であれば、ヘソは患者の方に向けているはずだ。体ごとPCの方に向いている、ということであれば、4)以外の理由だろう。
出典:闘病記を読んで考えさせられたこと#2

私は海外でも何度も医師の診察を受けたことがあるが、そのときに「オブジェクト」として扱われているな…という感覚に陥ったことはない。ベッドに寝かされたまま廊下に放置されたときは、「オブジェクト」として扱われている…と思ったが(笑)、医師とのコミュニケーションを通じて、そう思うことはなかった、ということだ。

海外では医療訴訟がよくあるので、患者に悪い印象を持たれないようにする、ということがデフォルトなのかもしれないが、(全般に)海外の人の方が、日本人よりもコミュニケーション能力が高い、ということもあるのかもしれない。たとえば、あいさつをしたときにあいさつを返さない割合は、海外の人よりも日本人の方が高いと思う。※うつむくか、横を向いて知らんぷりする人が多い。

 緊張する医師?

ある比較的若い医師のエピソードが書かれている。

その医師も診察時、パソコンばかり見ていたそうだ。川島さんはその様子から、そのときはじめてデータを見たのではないか、という印象を持ったようだ。そこまでであれば、よくある話だが…

その医師が他の医師と違う点は、川島さんを前にして、鼻の下をこする、という仕草を何度も行った、という点だ。鼻の下をこする、というボディランゲージは、何らかのストレスを感じたときに、思わず出るものだ。そのストレスを緩和して、平常心を取り戻すために行う仕草だ。

ここからは想像だが、その医師は川島さんを前にして、緊張したのだろう(同性だから余計に緊張したのかも?)。比較的若い医師なので、有名人を診察する、という経験が初めてだったのかもしれない。同席した鎧塚さんも、「緊張してたのかな?」と感想を述べている。

有名人を前にして緊張すること自体は、仕方のないことだと思うが、問題はやはり(緊張からなのか?)パソコンばかり見ていた、ということと、患者にそのときはじめてデータを見たのではないか、という印象を持たせたことだ。本当にその医師が、そのときはじめてデータを見たのかどうかはわからないが、患者にそう見られてしまうと、患者の信頼を勝ち取ることは難しいだろう。

スポンサーリンク
?

 

 患者の利益よりも自分の利益を考える医師

次に、患者の利益よりも自分の利益を考える医師だ。

川島さんは、ある医師に対し、このような印象を持ったそうだ。

切りたくて、最先端治療をやりたくてやりたくて、ウズウズしているように感じられました。私の気持ちはそっちのけ?
出典:カーテンコール, p.136

以前私は、ある不動産会社で、物件を購入しようとしたことがある。

そこの担当者が、顧客の利益よりも、自分の利益を追求するタイプで、閉口したことがある。私もビジネスを自分で行っている人間なので、売りたい気持ちはとても理解できるが、とにかく売ってしまえばいい、というものではないのだ。売り手サイドは、買った顧客が、後に「買ってよかった」と思うモノやサービスを売る必要があるのだ。

医師の場合も同じだ。

患者が後に「その治療を選択してよかった」と思うような、リコメンデーションをする必要がある。組織の利益、自分の実績づくりや技量を保つためのプラクティスなどを、(必要以上に)優先して考えるべきではない、ということだ。

そのタイプの医師は避けたい。

※病院の方針も医師に影響を与えると思う。もともと患者の利益を考えるタイプの医師でも、組織からのプレッシャーが強くなると、自己の利益を優先させるようになるかもしれない。なので、病院の方針や評判を確認することも大事だ。

川島さんは、「患者の心に寄り添うことのできる職人が理想ですね」と書いている。

全3回で、川島なお美さんと鎧塚俊彦さんが書いた「カーテンコール」を読んだ感想などを書いてみた。読んだ人の評価を確認してみたが、やはり高いようだ。一度読んでみてはどうだろうか。