読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

血圧を薬なしで下げる!

血圧を薬なしで下げることに挑戦するブログです。健康全般の話題も…

笑顔の効果|笑顔には健康に対する良い効果が4つある

あなたは、よく笑う方だろうか。

笑顔と健康は関係がある、とよく耳にする。笑顔には健康に対する効果がある、とするものだ。笑顔を作ることが健康に資するなら、日々どんどん笑顔を作りたいが…本当に、笑顔と健康は関係があるのか?笑顔のない人が不健康で、笑顔の多い人は、健康なのだろうか。

今回は、笑顔の健康に対する効果についてまとめてみたい。

スポンサーリンク
?

 

 笑顔はカラダの免疫力を上げる

笑いで免疫が上がる、というのはよく言われることだが…

“笑い”が発端となって作られた”善玉”の神経ペプチドは、血液やリンパ液を通じて体中に流れ出し、NK細胞の表面に付着し、NK細胞を活性化します。その結果、がん細胞やウイルスなどの病気のもとを次々と攻撃するので、免疫力が高まるというわけです
出典:http://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/illness/200908.html

NK細胞とは、ナチュラルキラー細胞のことだ。

これは、がん細胞やウイルスなどを攻撃する細胞だ。笑いで免疫が上がるという現象には、上記のとおり医学的な根拠があるらしい。逆にネガティブな感情を抱くと、免疫力は落ちるとのこと。

※感情で免疫力が変わる…ということだろうか。

がん細胞などを殺す「NK(ナチュラルキラー)細胞」を調べたところ、大笑いした後は、もともとNK細胞の働きが低い人は高くなり、高すぎた人は低くなって、適正な状態に落ち着いていた
出典:http://www.nikkei.com/article/DGXMZO83094230S5A210C1000000/

NK細胞の働きの高すぎた人は低くなった、という興味深い実験結果がある。

笑いは、ただ単純にNK細胞を活性化するということではなく、NK細胞の働きを適正化(カラダにとってベストな状態に)すると考えた方がいいのかもしれない。

※NK細胞が働きすぎても、カラダに問題が生じる。

もともと適正だった人はどうなのか?という疑問は若干残るが、基本的には、「笑いで免疫力が上がる可能性がある」としていいのではないかと思う。がんに医学的根拠のある予防法があった…ということになるのだろうか(予防法とまでは、言えないかもしれない)。笑顔が身体の免疫力を上げる可能性があることは覚えておきたい。

 笑顔は血糖値の上昇を抑える

笑顔は、「血糖値」の上昇を抑えるそうだ。

講義と漫才を聞いた後、どの程度食後血糖値が上がるのか比較した実験がある。

講義を聞いた日の食後血糖値は平均で123mg/dL上がったのに対し、漫才を鑑賞した日は77mg/dLの上昇だった。つまり、漫才で爆笑した日は講義を聞いた日に比べ、食後血糖値の上昇が46mg/dLも抑えられていたのだ
出典:http://www.nikkei.com/article/DGXMZO83094230S5A210C1000000/

「123」と「77」だから、だいぶ違う。

誰にでも同じ結果になる…ということであれば、この点でも笑いには、かなりの効果がある、と考えていいのではないか。それにしても、笑いが血糖値を抑える、というのははじめて聞いた。笑いは糖尿病の予防にもなるかも…ということだ。ただしここでは、その可能性がある…程度にしておきたい。

※笑顔には、血糖値の上昇を抑える働きがある。

 笑顔は自律神経のバランスを整える

笑顔は、自律神経のバランスを整えるそうだ。※交感・副交感神経のバランス。

自律神経とは、カラダの活動をコントロールするために、24時間働き続けている神経のことだ。活動時に優位になる「交感神経」と安静時に優位になる「副交感神経」がある。

この自律神経が乱れると、カラダにさまざまな不調があらわれる。

※自律神経は、血圧とも関係がある。

通常起きている間は交感神経が優位になっていますが、笑うと副交感神経が優位になるので、交感神経とのスイッチが頻繁に切り替わることになり、自律神経のバランスが整います
出典:http://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/illness/200908.html

これは、ストレスを緩和する作用と考えればいいのではないか。

精神的なストレスが過度になると、自律神経が乱れる原因になる。これがひどくなると「自律神経失調症」という疾病になってしまう。そうなる前に笑顔で防ぐことができるかも…ということだ。

※笑顔は自律神経のバランスを整えるのだ。

 笑顔は高血圧にもいい

笑顔は、高血圧にもいいことがわかっている。

精神的にストレスのかかる作業を3タイプの被験者にさせたデータがある。

1)無表情、2)口元だけの微笑、3)大笑い、の3タイプだ。

実験の結果、大笑いの表情で作業をしたグループは 他の表情で作業をした2グループに比べ、心拍数(血圧)の上昇がほとんど無いということが明らかになったそうです
出典:http://hot-topic-news.com/benefits-of-laughter

大笑いには、血圧の点で効果があった。

同じ作業をしたにもかかわらず、笑うだけでカラダに及ぶ影響が違うというのは驚きだ。これは、笑うことにより、血管や心臓を守ることができるということだ。しかし、まわりに人がいるときに実践するのは難しそうだ。ひとりで作業するときには使える。覚えておいて損はないだろう。

高血圧の人は実践したい。

 「笑顔の効果」まとめ

笑顔の健康に対する効果についてまとめてみたが、驚きの結果になった。

笑顔には、健康に対する良い効果が4つもあるのだ。

1)がんの予防効果が期待できる(免疫)
2)糖尿病の予防効果が期待できる(血糖値)
3)体調を整える働きがある(自律神経)
4)高血圧にもいい(血圧)

※ただし、「可能性がある」程度に考えた方がいいと思う。

健康促進を目的としたラフターヨガ(笑いヨガ)というものがあるが、


運動不足・ダイエット・ウツ対策に 笑いヨガ(ラフターヨガ) laughter yoga exercise - YouTube

このようなものを、生活に積極的に取り入れてもいいのかもしれない。

私はここまではなかなかできないのだが、普段から笑顔の回数を多くしようとは思っている。笑顔は、コストのかからない健康法だと言えるだろう。高血圧の人にもおすすめだ。